今日、自然エネルギー事業組合さんから電話があり、埼玉の障害施設の子供たちが手作りした太陽光パネルを贈りたいと申し出を受けました。

自閉症やひきこもりの子供たちが被災地の為に太陽光パネルを手作りしたとのこと。

自然エネルギーを通じて、障害を持つ子供たちが被災地の支援を行う、メガソーラーや洋上風力も良いけれど、被災地支援を障害を持つ子供たちが学び社会と関わりながら行える、そんな自然エネルギーって素敵かも。