本日、広野町仮設住宅にて手作り太陽電池の講習会をさせて いただきました。避難生活をされている広野町の皆さん、いわきの皆さん 、首都圏からのボランティアの皆さんとともに、わいわい交流をしながら、4枚の太陽光パネルを作りました。

福島の未来を今回のように、共に作るきっかけらなればと考えます。
お昼には首都圏より駆けつけていただいた絆ジャパンさんのお雑煮の炊き出しを皆さんでワイワイと美味しくいただきました。

今回、共に作り上げたパネルを使って、仮設住宅に 希望の明かりを灯す街灯を設置します。

また多くの出会いをさせていただきました。

ありがとうございます。感謝!!