原発事故により殺処分の指示が出た牛達を生かすため、電気の復旧がされていない牧場で牛達に水を与える井戸ポンフを作動させるために設置、その後ライブカメラの電源にも使われました。写真は設置した蓄電池です。


  • 設置したパネルです。

  • ピースサインをしているのは震災後真っ先に東電に乗り込んだ吉沢さんです。

  • 水を出したとたん喜んで集まる牛達です。

参照:
http://fukushima-farmsanctuary.blogzine.jp/
(※別タブで開きます)